本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

苔用の半密閉容器を作る【アクリル板+100均容器】

アクリル板で苔用の半密閉容器を自作する試みです。

これまで試してきた苔は乾燥に強いものが多かったので、蓋のないオープン容器をけっこう買い込んでしまい、持て余し気味になっていました。

「これらの容器に合った蓋を作って、半密閉容器を増やす」というプランを思い立ちました。

蓋だけなら、自作するのもそれほど難しくなさそうです。

 

素材はアクリル板です。アクリルはガラス以上の透明度があります。

ノコギリや円切りカッターを使ってカットし、切断面をヤスリで磨きました。

直線カットと円形カットの方法はそれぞれ別記事にしています。

完成

半密閉容器が完成しました。さっそくホソバオキナゴケの観察に使います。

(↓)左から、「中央に植えたもの」「分散して植えたもの」「1枚1枚の葉をまきゴケしたもの」です。増え方の比較をしています。

円形の蓋も、容器の大きさに合わせて作ります。

蓋の隙間を作るためのクッションゴムは直径5mmのものを使いました。

裏面がシールになっているので、カッターで切って貼り付けるだけです。

湿気でアクリル板が反る

完成して喜んでいたのも束の間、使っているうちにアクリル板が反っていることに気付きました。

アクリル板は吸湿すると膨張します。片面だけが吸湿するので反ってしまいます。

「アクリル板で水槽の蓋を作ったら反った」という情報はたくさんあって、チェックはしていました。

しかし「今回は水槽ほどの湿気はないし、3mm厚なので大丈夫」と思っていましたが、、、甘かったようです。

 

(↓)この反りは、容器の上で裏返しにして半日から1日置いておくと、まっすぐに戻ります。

(↓)戻りました。

が、それでは密閉具合が変わってしまうので、予備の蓋を使ってやりくりします。

「容器の上」でなくても、裏返して平らな場所に置いておけば数日で元に戻ります。

 

2mm厚の円形の蓋は、反りが目立ちません。長さがないせいか影響が出にくいようです。

おわりに

この蓋を作ったあと苔屋さんに行ってみたら、アクリル板の円形の蓋が店頭に並んでいました。

φ60、φ80など、1cmか2cm刻みで様々な大きさがあります。

最初から買えばよかったかな、、、

でもちょっとお高いので、「ある程度の枚数を作りたい」「サイズを自由にしたい」という場合は自作も良いと思います。

コメント