本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

モニターに取り付けるデスクライト「ZM-101B」の使用感

モニターに取り付けるデスクライトZM-101

モニター設置型のデスクライト「ZM-101B」を買いました。

山田照明のZライトシリーズの製品です。

以前も同シリーズのアームライトを買ったことがあって、使いやすかったので今まではそちらを設置していました。今回も期待しての購入です。

設置

本体の長さは45cmで、軽量に作られています。

モニターの上部に引っ掛けて固定する構造です。

(↓)モニターに触れる部分には滑り止めがついています。

ZM-101の滑り止め

(↓)DELLのモニターに取り付けました。

ZM-101をモニターに取り付けた様子

モニターの背面がカーブしているので接触範囲は狭いですが、モニターとライトの一体感は悪くないです。

指で押してみた感じ、グラつきはほとんどありません。

地震が起きたとしても、よほどの震度でなければ落下はしないと思います。

操作

スイッチは右端にあります。調光、調色とも6段階の切り替えが可能です。

ZM-101のスイッチ部分

 

付属のUSBケーブルは電源側が「Type-A」、本体側が「Type-C」です。

モニターにつないだ場合、ライトを使う前にまずモニターの電源を入れる必要があります。

一見不便なようですが、、、

実はライトの電源をONのままにしておくと「モニターのスイッチを押すだけで、モニターとライトを一緒にON/OFFできる」ことに気付きました。

あ、これは便利です。

PCを使うときの手間が一つ減りました。

使用感

高演色を謳っているだけあって自然な明るさです。

画面が見づらくなることもありません。

(↓)写真左は今まで使っていた「Z-108」、右は今回買った「ZM-101」です。

Ra(演色評価数)の違いによる明るさの比較
Ra(演色評価数)の違いによる明るさの比較

※ Ra(平均演色評価数)は、自然光の色をどの程度再現しているかを示す指標です。

今までの青白い光と違って、そこだけ昼間になったようです。

十分に明るいので照らされる範囲も思った以上に広く感じます。

 

性能は言うこと無しのデスクライトです。

強いてデメリットを挙げるとすれば、「デスクらしい雰囲気はアーム式のほうが出やすい」ことでしょうか。

私はあまり気にしませんが、、、

おわりに

照明はずっと決めかねていたんですが、もっと早く買っていれば良かったと思いました。

Zライトシリーズの製品は使い心地を徹底的に考えて作られているようで、とても好印象です。

今まで使っていた「Z-108」も、アームの操作性が良く10年くらい愛用していました。

そのうちまたお世話になると思います。

 

→ 関連記事

コメント