本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

プリンター収納付きのラックを作る

プリンターを収納できるラックを作りました。

下段にプリンター、ほかの段には生活用品を入れます。

製作

材料はラワンランバーコア材24mm厚です。

下地として使うことが多い材料ですが、ヤスリ掛けしてオイル塗装で仕上げました。

 

木口面には突板テープを貼っています。

棚板3枚を大入れ加工ではめ込む構造です。背板も薄いベニヤ合板をはめ込みます。

 

溝加工には、以前にも紹介した「大入れ加工用の溝堀りジグ」を使いました。

トリマーの溝加工が間単、正確に出来るジグ【動画あり】 | DIYの電動工具はこれ! | おすすめの電動工具や木工用品を紹介
大入れ(追い入れ)加工が簡単に出来ます。1本のビットで色々な幅の溝加工が間単、正確に出来るジグです。例えば、12mmのビットで18mm、19mm...

今回は19mmのビットで24mm幅の溝を掘ります。

① 19mm径のパイプを挟んで削る

② パイプを外し、24mm厚の端材を挟んで削る

あとはノミで整えれば、24mm幅の溝になります。

 

組み立てる前に突板テープ貼りと塗装です。

ゴム系の接着剤を塗って伸ばし、

5~10分置いた後に突板テープを貼ります。

クランプで圧着後、はみ出た部分をカットします。

テープの端はヤスリで面取りしておきます。

突板テープは折り曲げると割れてしまいますが、アール部分には貼ることができます。

ワトコオイルナチュラルで塗装してから組み立てます。二度目の塗りは耐水ペーパーを使ってウェットサンディングをしました。

突板テープとの色合わせも違和感がないと思います。

おわりに

完成したのでさっそく物を入れます。

ちなみに今までは隣の白いカラーボックスを使っていました。

収納力はそれほど変わりませんが、今回のラックは収納品に合わせて、各段をジャストサイズにしてあります。

他にも以下のような違いがあって、QOLがだいぶ上がりました。

  • プリンターが入る
  • 板を厚くして十分な強度に
  • 天板カドの尖りと、上部の圧迫感を解消

まあ10倍くらいコストが違うので、比較するのもどうかとは思いますが、、、

 

カラーボックスはお役御免で解体しました。

ノコギリで切ってみると、思いのほか内部の空洞が広いです。

低コストで収納力もあり、今までずっと使えていたことを考えると、カラーボックスの費用対効果は凄いですね。

 

→ 関連記事

コメント