本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

壁掛け工具収納を作りました。スチール製キャットウォークをリメイク

既製品のキャットウォークを流用した「壁掛け工具収納」を作りました。

棚に入れづらいノコギリやさしがねも、壁掛けなら収納しやすいです。

キャットウォークは、昔うちで飼っていた猫が使っていたものです。

思い出もあり、また猫を飼うこともあるかも、、、ということで部屋に置いてありました。

(↓)加工前の写真がないのでアフィ画像です。

猫用だけあって、天井突っ張りは安定感があります。また、金属フレームが軽量かつ頑丈で、素材としては十分です。

仕様

棚板は使わないので取り外しました。

下地材を切り欠いて、スチール格子を挟むように固定します。

マグネット式ノコギリ掛け

一番高いところはノコギリ掛けにしました。

「落下防止」と「取りやすさ」が課題でしたが、強力なマグネットで解決です。

サッと取り出して、サッと片付けることができるようになりました。

マグネットは、レビューを見て一番強力そうな商品を買ったところ、想像以上の磁力でした。

写真中央の糸ノコが簡単には取れないくらいです。

赤い柄の部分を手前に引くと傾けることはできるので、ベニヤの端を使って、てこの原理で外します。

他のノコギリはちょうどいい取りやすさです。

アームライト設置

工具ではありませんが、作業時に手元を照らすためにクランプ式のライトを設置しました。

アームはほぼ水平にも伸ばすことができます。可動域は半径1mあります。

「下から手を伸ばす」→「指でスイッチを入れる」→「好きな位置に動かす」まで、片手で操作ができます。

中段

工具に合わせて各種ホルダーを取り付けました。

よく使うものや、棚には収納しづらいものを配置します。

クランプラック

クランプは重量があるので下部に収納します。

最近はユニクランプ(パラレルクランプ)系の使用頻度が高いため、一番取りやすい高さに横置きできるスペースを作りました。

同じ種類のクランプをズラッと並べたいところですが、私はいろいろなクランプを試しているので、同じものがほとんどありません。

スチール格子とS字フックで多種類に対応します。

おわりに

収納が増えたおかげで、他のスペースがだいぶ片付いて余裕ができました。

使いやすさのために、以下の点には注意です。

  • ぎっしり配置しすぎない(出し入れしづらくなるので)
  • 収納物が出っ張らないようにする(圧迫感が出るので)

個人的には、家具を置きづらい引戸前のスペースを有効活用できたことがうれしいです。

コメント