本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

「作業台+馬」のセットを作って作業環境を最適化する

作業台をリニューアルして、より使いやすい環境にします。

やや小型の「作業台」と、補助用の「馬」をセットで作りました。

どうしてセットにするのかというと「2つを組み合わせることで多くの作業に対応できるから」です。

例えば、長い材料や大きな板材でも、2つの間隔をあけて配置すれば載せることができます。

カット作業では、ノコギリや丸ノコの刃の通り道をあけるのに便利です。(ただし、丸ノコのキックバックには注意)

大抵は移動させやすい馬のほうを動かして、作業に適した配置にして使っています。

これはもともと2つ1組で使う馬の長所を取り入れたものです。

 

馬は足の裏にアジャスターボルトを取り付けて、高さ調整可能にしました。

作業台の天板と完全にツライチ(同一平面)にすることができます。

 

作業台の仕様

材料は天板のみ針葉樹合板(厚み24mm)、他は2x4材です。

全体の寸法は幅1034×奥行620×高さ668、接合は基本的にビス留めですが、一部はダボを使用、天板はジョイントボルト・鬼目ナットで固定しました。

作業台は以前よりも小さくなっています。小さいほうが移動したり向きを変えやすく、作業スペースも広く使えるからです。

脚は2x4材を2本重ねています。1本に比べると安定感がだいぶ違います。

すり足をつける理由と、長辺方向に貫をつけない理由

「すり足」は一見不要に思えるかもしれませんが、これをつけたのは作業台の重量不足を補うためです。

作業台が軽いと、ノコギリ挽きをするときひどく揺れてしまいます。

簡単にグラグラしてしまうようでは正確な作業ができません。

しかしすり足があると、ここを上から踏みつけることで重量不足を補い、揺れを抑えることができます。

今まで使ってきた作業台でも便利だったので採用しました。

脚同士をつなぐ「貫」を長辺方向にもつけるとさらに頑丈になり、重量も増やせますが、、、

今回は清掃のしやすさを優先して、長辺の貫はつけていません。

クランプを使える範囲

(↓)通常のクランプ固定はこんな感じです。

(↓)小さいクランプの場合はここを使います。天板の出は30mmです。

この作業台では、周縁部でしかクランプ固定ができません。

「中央付近でもクランプを使いたい」という場合は、馬のほうをメインで使います。

馬は天板の幅が狭いので、反対側からもクランプが届きます。

馬の仕様

天板はゴム集成材、両脚は2x6材、他は2x4材です。

全体の寸法は幅300×奥行760×高さ668弱(高さ調整可)です。

足はもっと天板の幅方向に突き出していたほうが安定しますが、今回は作業台と並べたときにぶつからないよう、短くしています。

手頃なサイズなので、傾ければ足の裏のアジャスターボルトの調整もしやすいです。

(↓)天板が幅広のため、下に幕板を2本入れました。接合はボンドとビスを併用しています。

(↓)ドッグホールを2列あけてあり、ここでクランプを使うことができます。

写真のクランプについては別記事にしています。

使用感など

作業台の安定感が増したことと馬のフットワークの良さで、だいぶ快適になりました。

これまでの試行錯誤を経て、仕様が最適化されてきたと思います。

「作業台+馬」の組み合わせはとても融通が利くので、私同様に広い作業スペースを確保するのが難しい人にはおすすめです。

 

→ 関連記事(以前の環境です)

コメント