本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

あられ組みのティッシュケースを作る

壁掛け式のティッシュケースを作りました。

デスクの奥の壁にフレンチクリートで引っ掛けています。

 

あられ組みの箱は、別記事の「トリマーテーブル」と、「あられ組みジグ」を使って作りました。

 

これらのジグ製作とあられ組みの手順は、こちらの書籍を参考にしています。

 

材料はファルカタ集成材とシナ合板を使いました。

側面の板は長辺が6mm厚、短辺が13mm厚です。

あられ組みジグで切り欠いたものを単に組むと、下のようになります。

(↓)短辺側にトリマーで段欠き加工をして、、、

毛羽立った繊維はヤスリで取り除きます。

(↓)段差がなくなりました。

接合部の凸部分は少しはみ出すようにしておいて、接合後に切り落とします。 

(↓)はみ出し部分のカットです。アサリのないノコギリを使い、本体を傷をつけないように動かします。

(↓)蓋をスライドさせるための溝もトリマーテーブルで掘ります。

(↓)このように開閉させることができます。

おわりに

あられ組みは薄い板でも頑丈に接合できる上に、装飾としても美しいです。

ティッシュを使うたびに少し気分が良くなるので、作って良かったと思います。

 

→ 関連記事

コメント