本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

エアフィルターで空気中の粉塵を除去する

このところ「サーキュレーター用エアフィルター」を粉塵対策として取り入れています。

サーキュレーターは室内の空気を循環させるための機器です。

背面から空気を集めて、正面方向へ風を送ります。

これにエアフィルターを装着して作動させることで、空気中の粉塵を取り除くことができます。

エアフィルターは、サーキュレーターの羽根径に合ったサイズを選びます。

取り付け

付属のマジックテープをサーキュレーターの側面に貼り、フィルターを後ろからかぶせるように装着します。

フィルターの素材は少し固めで、ゴワゴワする手触りです。

配置

粉塵が発生する作業スペースに背を向けるように、サーキュレーターを置きます。

できるだけ室内の空気が循環しやすい位置を選び、首振り機能はオフにしておきます。

こうして作動させておくと、循環する空気がエアフィルターを通過するときに粉塵が取り除かれます。

効果

丸ノコ作業開始です。数時間のあいだに、角材を20~30回カットしました。

床は木くずだらけになり、空気中にも粉塵が舞います。

フィルターの様子を見てみると、、、

空気を吸い込む範囲が茶色っぽくなっていて、ちゃんと粉塵をキャッチしているようです。

作業後もしばらくはスイッチを入れっぱなしにしておきます。

 

(↓)フィルターが汚れたら、掃除機で吸引します。

 

エアフィルター導入以前に比べて、室内の空気がきれいになったと感じます。

もちろんこの方法だけで完璧な粉塵対策ができるわけではないので、窓をあけての換気なども行います。複合的に対策をしていくことが重要です。

サーキュレーターは電気代が安く、手軽に導入できるのでおすすめです。

コメント